代表あいさつ

こんにちは。

この度は理想園採用サイトをご覧いただき、ありがとうございます。

理想園は、創業50年を迎える地元で老舗の農園です。山梨県の特産品である桃と葡萄を生産してます。

現在では、法人化をして果樹栽培から加工、直売、6次産業化に取り組む農園になりました。


代表取締役 草塩正国

農業法人として果樹を栽培すること、栽培した農産物を通信販売や直売所を通して100%自社で販売できる仕組みを持っていること、観光農園で収穫体験などのイベントを提供できることが、理想園の「強み」です。


パートやアルバイトの方には、理想園の様々な業務に触れ、楽しく働きながら少しでも農家の楽しさを知っていもらえたらと考えています。また、正社員で就農を目指す方には、研修期間を経て、農業は栽培だけと考えず、事業価値を明確にして生産性を追及する「農業ビジネス」を一緒に考えてくれる方を募集します。

これからの農業には経営資材(人・もの・金・情報)の最適化や、マーケティングに関する知識も必要になります。

また、農業研修生には、栽培研修から農産物の販売、農業機械の活用方法など、実際の業務をしながら学んでもらいたいと思います。


皆様にお会いできること、共に働けることを楽しみにしています!

経営理念

産地直送の「桃と葡萄」の老舗専門店として、お客様のニーズを聞き、地域のお力を借り、自社の経営資源を活用して、お客様に必要とされる農園を目指します。

また、先輩方の築いた「産地ブランド」や「地域の景観」の向上に貢献していきます。

概要

会社名 農業生産法人 株式会社 理想園 (リソウエン)
代表取締役 草塩 正国 (クサシオ マサクニ)
従業員数 従業員:2名
期間雇用: 7名(7月~9月)
期間雇用:他の季節3人
研修生1名
所在地 〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎2797
電話 0553-44-0242
FAX 0553-20-4528
事業内容 ■観光農園事業
■カフェ事業
■通信販売事業
■農業の6次産業化事業
■農業(果樹栽培・農作業支援サービス)  
栽培面積:桃約100a / 葡萄:約200a

沿革

1960年 創業者(故:草塩守氏)が勝沼で、ブドウ栽培を始める
1965年 屋号の「マルモ」からお客様の理想の農園を目指す思いで、 観光農園 理想園 (ぶどう狩り)をスタート
1971年 電話・FAXを使用した通信販売(全国発送)を開始
1973年 近畿日本ツーリストを始めとした旅行代理店と提携し、 バスツアーの受け入れを始める
1980年 桃の栽培・販売を始める
1992年 故:草塩政則氏が園主になる
1995年 経営方針を変更して旅行代理店との契約解除を行い個人顧客に絞る
2001年 「桃狩り」の開始
2005年 ホームページを新設する
2008年 自園IT環境の見直しを行い、ITの本格的活用を開始
2010年 経済産業省 経営力大賞認定企業に選定される
2012年 経営移譲行い、草塩正国氏が園主になる
2012年 アグリビジネススクール2011 受講終了
2013年 6次産業化への取組みにチャレンジする
2014年 大雪被害に見舞われ、 契約農家の施設栽培及び売店・倉庫を含む屋根設備全損
2014年 全国の催事などに出店を開始
2015年 個人事業主から法人化し農業法人を設立
2015年 山梨県研修生受入認定農家に認定される
2015年 イートインコーナーを作り、農産加工品の販売
2016年 大雪の壊れた仮設設備(鉄骨や屋根)を作り直す
2017年 レスポンシブ対応ホームページの制作、顧客管理システムの導入

所在地

所在地:〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎2797

アクセス

電車でお越しの場合

  • ・JR中央本線「勝沼ぶどう郷」駅下車 駅からタクシーで10分
  • ・JR中央本線「塩山」駅下車 駅からタクシーで20分

お車でお越しの場合

  • ・中央道勝沼I.Cより車で5分

より詳しいアクセスは理想園公式サイトをご覧ください

周辺の環境

圃場の様子

売店・イートイン前

春の桃畑

6月さくらんぼ狩り
提携農園での研修あり

収穫時の農園

秋(10月)のぶどう畑

PAGE TOP ▲
パソコンサイトはこちら
スマートフォンはこちら